読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もとつ香のにほへる君が

愛の意味を考えてみた

最年少、童顔、丸顔、ソロは無し。後列にいる貴方が好きで

自分が好きになるアイドルはだいたい、いわゆる「推され」ではなくて、これからファンが、自分が写真を買ったり雑誌のハガキに要望を出したり、感想メールをおくったりして動かないとオトナから推してもらえない…と思わせてくれるような子ばかりだった。だれがどう見ても美形な人より、自分で背の低さや雰囲気イケメンなことをネタにしたり、後列や端にいるような子が好きだった。まとめると、「最年少」「童顔」「丸顔」「ソロはもらえない」「立ち位置は後列や端」。

今応援したいなと思っている人はとにかく顔が綺麗で、実際に見るとその顔面偏差値の高さに驚くような男の子だ。朝田淳弥くん。背はね、あんまり高くなくて、小柄なほうだけれども(ただし彼の周りにいるひとたちも皆同じ背丈なので、あまり小柄なことがバレない)、涼しげなきりっとした目元と、笑うとくしゃっとなるその表情のギャップがとても好きだ。

朝田くんも、8人の中では推されているとは決して言えなくて、真ん中にいるわけじゃなくて。そんな彼が今回のクリパでソロパートがあると知ったファンのツイートはとにかく熱かった。最近では体育会TVで足の速さを生かして東京でお仕事したりもして(名前テロップも出なければ、走っているところも映らなかったけどね)、個人でのお仕事も増えてきてうれしいなあと思っている。

 

ただ、これまでとの決定的な違いは、彼はどう見てもイケメンであるということである。これまで私が好きだったのは、10人に聞いたら3人は「イケメンとは言えない」とバッサリ意見を言ってくるような、好みが分かれるタイプの男の子だった。でも朝田くんは違う。誰がどうみても美形で、お顔の整った男の子だ。好きか、好きじゃないかは別にして、彼のことをイケメンじゃないという人はいないんじゃないかと思う。

そんな顔面偏差値を持った男の子を好きになるのは初めてで、20歳を過ぎてから突然これまでとアイドルの好みが変化したことに自分でも驚いている。以前好きだった人の時は、毎月発売されるアイドル雑誌を見て写りが良いものを1冊だけ買っていた。前半の3誌にも、後半の2誌にも、テレビ誌にも割と頻繁に出る人だったので、その多くの媒体から厳選しなければならなかった。けど、朝田くんは、関西の子は毎月アイドル誌に載れる保証は全くなくて、毎月誰が載るかヒヤヒヤして、ハガキもきちんと書くようになった。テレビ誌に載ったときなんか嬉しくて、関西版を本屋さんで注文して取り寄せてもらう。しかも、そのすべての写りが良いのだ。ボツ写真なんてないんじゃないか?カメラマンさんも毎月どれを誌面に載せるか悩んでいるんじゃないか?と本気で思っている。

 

顔が綺麗な男の子はジャニーズにはたくさんいて、顔が綺麗なだけでは推してもらえない。足が速い子もたくさんいるし、朝田くんは足の速さでは1番じゃない。何ならば、朝田くんが1番になれるかな?そんなことを考えている毎日である。