読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もとつ香のにほへる君が

愛の意味を考えてみた

クシャッと笑うと無くなる目、2本だけ奥に引っ込んだ前歯、細長い指

朝田淳弥くんのことは、あまり気にしたことがなかった。

今から1年前、私は安井くんを応援し始めてから6年近く経っていた。ガムシャラサマーステーションの者vs覇の公演を観に行って、最終公演になってしまった者が覇に想いを託して「俺たち覇者だろ?」と言い合う姿を見て、東京のジャニーズJr.達に目頭を熱くしていた。毎日Twitterでパフォーマンスバトルの結果を調べて、2014年の夏に司会をしつつも仲間を欲しそうにしていた安井くんがどうか、どうか勝ち進めますようにと願っていた、そんな夏を過ごしていた。

少クラはもう何年も見ていたけど、in大阪がある月は「東京の子が見られないなあ」とすら思っていた。録画はするけど、繰り返し見ることもあんまりなかった。でも、1年前の2週目の放送で私は突然1人の男の子に心を奪われてしまった。「BIG GAME」の最初、階段を下りた後に手をパチンと叩いてから踊り始めた朝田くんの、その一瞬の動作に心を奪われたのだった。

朝田くんのことは、名前と顔がなんとなく一致していて、Gangstarと呼ばれる人たちの中にいて、前は向井康二くんとshadowWESTにいて、オネエキャラで、ジャニーズWESTの1stツアーで横浜アリーナにいた子…くらいの印象だった。特に気にしたことはなかった。shadowWESTもGangstarもいつの間にか消滅していた。まいジャニは日曜朝のルーティーンとしてなんとなく見ていたけれど録画はしていなくて、寝坊して見逃してもいいやくらいの気持ちで見ていた。関西ジャニーズJr.のこともあまり知らなくて、春と夏とクリスマスシーズンには大阪松竹座で公演をしていること、関西から巣立っていった先輩たちもそうして過ごしてきたこと、全部、朝田くんを気にし始めてから知ったことだった。

 

今年のin大阪が放送されるまでの1年間、去年のin大阪を何十回も繰り返し繰り返し見た。しつこいくらいに見た。朝田くんを好きになってまいジャニも真剣に見るようになって、関西ジャニーズJr.の名前をあっという間に覚えていった。小さい子も、高校生も、みんな個性的で前に出たいと思っている子が多くて、見ていてとても気持ちが良い。まいジャニを見ることが楽しくて、土曜の夜にやっている日テレのジャニーズJr.の番組は録画して早く寝て、まいジャニが始まる前に朝ごはんなどを全て済ませるようになった。大学のテスト期間も、朝田くんも頑張ってるし…と思うようになったし、元々好んではいていたデニムをよくはくようになった。エスティローダーのリップケースにfunky2と彫ったりもした。ジャニーズWESTのツアーで地元に来てくれた朝田くんを、その会場に就活で行くたびに思い出した。このときにはもうすでにin大阪ってなんで年に1回しかないのかな、てか少クラのスタジオ収録って元は関西ジャニーズJr.のコーナーだったような気がするんだけど…と思うようになっていた。

8月31日。夜8時。そわそわして、緊張でお腹痛い…と思っているうちに2016年の少クラin大阪1週目の放送は終わっていた。ちっちゃいと思っていた子が背が伸びていたり、声が低くなっていたりした。去年は顔と名前が全然分からなかったのに、今年は出演している関西ジャニーズJr.の顔と名前が全員一致している自分がいた。どうして年に1回なんだろう、せめて夏冬の年2回とかにしようよ、と本気で思った。1曲目のGUTS!で奥に引っ込んだ前歯を見せてクシャッと笑う朝田くんを見て、このひとが昇っていく過程を見たいと思った。仲間と夢を叶える瞬間を見たいと思った。夜9時、1時間の放送を見終えた私はくたくたになっていて、一人暮らしとは思えないほどテレビに向かって話しかけてしまった…と反省しつつ、関西ジャニーズJr.の未来が明るくなることを祈ったのだった。

 

来週で、2016年のin大阪の放送は終わってしまう。かなしい。今週もめっちゃくちゃ楽しかったのに、来週のほうがさらに内容が濃い気がしていて、今からビビっている。来週の放送を終えた時、去年の私のようになるひとが増えたら良いなと思う。