読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もとつ香のにほへる君が

愛の意味を考えてみた

このままで良いのか?

先日、普段どんな音楽聴きます?と何気ない会話のなかで聞かれたときに、すぐに返答できない自分がいた。頭の中に自分の音楽プレイヤーの中身を思い浮かべても、9割がアイドル、1割は以前好きだったけどもう5年くらい興味がなくて活動も追っていないバンドの曲だ。9割の内訳は、6割がジャニーズ、3割が48系列。普段音楽を聴くのは電車に乗るときくらいだが、そもそも電車には1ヶ月で5回乗ったらマシなくらい、乗らない。すなわち、私の中で音楽を聴くという行為は「無ければ死ぬ…!」というほどの熱量を持っていない行為の一つなのだが、全く音楽を聴かないという人はいないのではないだろうか。

 

私は今大学生で、自分ジャニーズ好きかも、と思ったのは小学生の時で、それからずっとアイドルが好きなことを公言してきた。周りにも公言している子がたくさんいて、受け入れてくれる空間が常にあった。全く興味がないのに「昨日何気なくキャバ嬢のドラマ見てたら安井くん出てきてビックリしたよ」とか、「安井くん、中居くんに振り付け教えてたの見たよ」とか、「乃木坂がMステ出てるの見たんだけど、3列目にかわいい子いた!名前なんていうの?」とか、なんとなく見ていたテレビに出ていたアイドルについて私に聞いてくれる友人もいて、学校に通っていてアイドルのことを話さずに終える1日は無かった。毎日どんな小さなことでも、ほんの数秒でも、アイドルの事を話していた学生生活を送ってきた。

来年から社会人で、社会人が職場のひとにアイドル好きを公言すべきか、そうでないかは、環境にもよるのかなあと思ったりする。今まで私がいた環境のように、受け入れてくれる空気があれば「大阪で活動してる関西ジャニーズJr.の2歳下の子が好きで」とまでは言わないにしても「ジャニーズも48も好きです」くらいなことは言えるかもしれない。けど、来年からそういう環境なのかどうかはまだわからない。そのために、最近身を置くことになった新しい環境ではアイドル好きを隠す練習(?)をしていて、最初の質問をしてきた人にも「ん~~…普段音楽あんまり聞かなくて」と言葉を濁したのだった。

その質問をしてきた人は、じゃあ普段家で何をしてるんですか?とも聞いてきた。普段家でしていることと言えば、ザ少年倶楽部の録画を見るか、まいジャニの録画を見るか、優馬コンやパリピポのブルーレイを見るか…といったところだが、もちろんそうは言えるはずもなく。「録画を見てます」「ライブのブルーレイを見てます」と言えば必ず「なんの?」と返ってくるからだ。家では、食事とか掃除とか洗濯とか生きるためにやること以外は本当に「アイドルを見る」ことしかしていなくて、中学生の時は家で宿題をやっていたけれど高校生になってからは学校で宿題を終わらせてから帰るようになって、大学のレポートも大学にいる間に書く。特に大学は、みんな同じ学費を払っているのだから大学の明るい電気の下で卒論の本を読むし、趣味の本も読むし、飲食可能な雑誌などが置いてあるスペースでドル誌も読むし、大学のパソコンを使ってレポートを書いて印刷もする。特に寒い時期と暑い時期はできるだけ大学にいたほうが光熱費も浮く。家にいる時間は、録画か、ネットでアイドルのブログを読むか寝るか…で、リアルタイムでテレビを見ることもほとんどない。それ故に、若手女優や流行りの芸人にもものすごく疎い。先日、まいジャニで初めて永野のネタを見た、とTwitter(鍵アカ)に書いたら友人から「は?www」というリプが来た。どうやら、二―ブラの人たち(名前忘れた…なんだっけ…ダンソンの人たち…)の時も「まいジャニで初めて見た」と発言していたらしく、1年経っても全然変わってないじゃん自分…と思ったのだった。

 

もう何年もの間、毎日アイドルのことを考えて過ごしている。アイドルのことを考えない日はない。アイドル以外の趣味が本当になくて、これといった特技もなくて、就活の時は決して特技とは言えない大学の部活を書いたり、もう自信はないけれど昔習っていた楽器を趣味特技欄に記入していた。全くできないわけではないので嘘を書いているわけではないのだが、一番の趣味は楽器じゃなくてアイドルを見ることだし、多少の罪悪感みたいなものはある。服も化粧もそこまで流行に敏感なわけでもなくそれなりの興味だし、運動もしないし、料理は一人暮らしであるがゆえにやらないと死ぬのでやっているだけ…という意識が強く、趣味とは言えない。凝ったものも作らない。

21歳、大学生。このままで良いのか?

ちょこっとだけくやしかった

学校が始まってからなかなか忙しいです。ほぼ毎日学校にいて、同じことを考えるために図書館にいます。卒論です。自分の誕生日までにはなんとか仕上げるって決めてるので、やるしかねえ!!!!です。

 

博多座、なんとなーく流し見する程度にレポ読んでました。ちょっとだけ、悔しかったです。朝田くんは夏の松竹座で大橋くんリチャと同じくらいの出番だったのかなと思うけれど、in大阪のダークネスではラップを歌わせてもらえなかったりして。やっぱり、何か足りないから同じ括りにさせてもらえないのかなーなんて考えたりしてました。3回生より2回生の方が忙しいもんね、と甘々な視点で見ておくことにする。朝田くん、2週間後にはハタチだって。どうしよう?

 

昨日の夜はちびりゅミッチー長尾くんのラジオを聞いてから寝ました。ミッチー、顔も可愛ければ声も可愛いんだなって。中学生トリオが体育祭の話で盛り上がってるの、なんだか微笑ましかったです。

私が中学生の時は男女別の種目があって、男子は棒倒しという棒の上にある旗を先に取った方が勝ち、みたいな種目があったんですが、この種目、男子は上半身裸なんですよね…。柔道部の男の子とか、がっちりした感じの子はだいたい棒の周りにいて棒をかためて守る役目を果たしていて、ハイカーストなイケ男(笑)や足の速い子、背の高い子、運動神経の良い子なんかは旗を取りに行く攻める側にされていた気がします。私の兄弟は痩せてたので「ガリガリすぎて脱ぎたくない」とか言ってた気がします。ミッチーや長尾くん、ちびりゅなど中学生かんじゅくんのことをまだ赤ちゃんだと思っている部分があるので(笑)、あの子達がもし棒倒しをやっていたら…?と妄想して、昇天しかけました。ふうがくんが棒倒しなんて危ない><しんじゃう><…中高生って、行事マジック(なんてことない同級生がかっこよく見えるみたいな)は付き物だと思うけど、1年生の時は3年生の先輩が本当にかっこよく見えて、同級生の男子細いし頼りないな~~なんて思っていたけれど、3年生になって同級生たちが中心になってい棒を守っている所を見たら、なんだかすごくかっこよく見えたことをふと思い出しました。

 

ジャニワ梅芸、落選だったので行けないんですが、公演中に体育祭や文化祭がある子は容赦なく舞台休んでそっち行ってくれ!!!とも思う。思い出作り、大事。

思い出を置いていく

1月頭に卒論を提出して、ゼミだけじゃ学費もったいないしいくつか受けようかなという気持で3つほど取った授業のレポートを1月末に提出したら、引越しをして実家に帰る。関東で暮らしている間、行っておきたいところ、やっておきたいことがたくさんあって、今まで3年半もあったのに時間はたくさんあったのに何をしてきたんだろうという気持にもなる。

 

10月、11月、12月と、毎月1つは舞台を観賞する予定を入れた。文一くんの舞台は、これから申し込む。当たるといいな。

11月の舞台は、大学に入ってから安井くんのファンとして知り合った友人と観に行く。ちがう大学だし、最近お互いの一番が安井くんじゃなくなってしまったこともあって(笑)、もう2年くらい会っていない。SNSで近況をなんとなく知っている程度。大学に入って早々この友人と出会ってコンサートを観に行ったことは一生忘れないし、関東での暮らしももう終わり…という頃に安井くんを観に行くというのも、なんだか泣ける。数えるくらいしか直接会っていないのに、4年間関東で仲良くしてくれてありがとうと思っている。本人を前にしても、ありがとうと言ってしまいそうな気がする。

12月の舞台は、大学でずっと仲良くしてくれた友人と観に行く。学校で会いすぎて、休日に遊ぼうという考えに至らないほどとにかく顔を合わせてはお互い一方的に話しまくる。毎日ネタがつきない。応援しているアイドルが違うので、大学を卒業したらコンサートの会場で会うこともきっと無いだろうなと思う。

 

私は友達があんまり多いほうじゃないけれど、もうこれ以上人生の登場人物は増やしたくない。これ以上、もう一生会わないかもしれない人をつくるのがこわいなと思う。3年でゼミに分かれてから学内で会わなくなったクラスメイト、卒業していった部活の先輩、中高時代の同級生であんまり話したことのない人。幼少期、転校していった友達。一度出会ったはずなのに、もう関わっていくことがないひとをこれ以上増やしていくのはつらい。

 

関東でできた大切な思い出を、全部こころのなかに大事にしまっておきたいけれど、少し置いていったほうが気持ちが楽かな?と、中学生の時によく聴いていたUVERworldの「激動」を久しぶりに聴いて思ったのでした。

遠く消えそうな幻

2016年のin大阪が終わってから1週間近く経ちました。先週水曜の夜から体調を崩し、今日完全復活!したので感想を書くのが遅くなってしまいました。

ちいさな不満はあるけれど、すごく楽しい放送でした。朝田くんの髪色も落ち着いていて良し良し。

 

それにしても、どうしてin大阪の放送は1年に1回しかないんだろう。

1年も経てば、声が低くなったり、背が伸びたりする。今回、川北くんの声が春のまいジャニトークスペシャルの時よりもずいぶん低くなっていて本当にびっくりした。おかゆちゃんも、もう生麦生米生卵を言っていたあの声ではなくなっていた。恭平くんや大晴くんも背が伸びて男らしくなってきた。男の子なんて、1年も経てばずいぶんと変わってしまう。

去年の放送にはいたけれど今年はいなかった子は、やめてしまったのか、出させてもらえないだけなのか。それすらも分からない。こちら側には、それを知る術もない。人数が少ないからこそ、東京Jr.と比べて1人1人を記憶しやすい。今年の放送に出演していた子の中に、来年いなくなってしまう子がいたら……。来年。また1年後。あまりにも先すぎて、何が起きるかなんて誰にも想像ができない。

 

1人1人感想を書くと長いので、メイン、Funky8、高校生、中学生の4つから各2人ずつ独断と偏見でピックアップして(笑)、感想を書いてみたいと思います。

 

・西畑くん

顔が!小さい!!!あんまり小顔なイメージなかったんだけど、待ったなんてなしっ!で勝利くんとちびりゅと並んでいるのを見て、アレッこのひと意外と顔ちいさい…?と思ったのでした。普段は小さい子たちにあまあまなお兄さんですが、やっぱり頼れるひとだなあと思ったin大阪でした。

 

・大西流星くん

肌荒れしてるのが年相応な感じがして逆に良いです。中3で陶器みたいな肌しててもちょっと不思議な感じがするので(笑)。NOT FINALEの指さしでちびりゅが映ると、なんだか泣きそうになります。おおきくなってカッコよさの割合が増えても、もちびりゅは関西Jr.の宝物です。

 

・丈くん

すごい、すごい推されてた。私はFunky8が好きだし朝田くんが好きだけど、括られることで前に出ていけないメンバーが出てくるのはちょっと違うかなあと思うので、出世するのは素晴らしいことだなと思っています。流星さんにほっぺたムニーってやられてたのかわいかったです。あと漫才の始まりが去年のコリンポスだったの、芸が細かくて好きです。笑

 

・朝田くん

おととしよりも去年、去年よりも今年、毎年どんどんダンスが上手くなり、ナチュラルになり、ルックスが仕上がっていく朝田くん。去年のBreak outもそうだったけど、丈リチャ大橋と一緒の衣装なのに1人だけソロがない、ラップを歌わせてもらえないなどどこか惜しいので、来年こそはそういったポジションから1つ抜け出せたら嬉しいなあと思っています。

 

・大晴くん

去年のまいジャニ新春スペシャルの時に薄々感じてはいたけれど声が低くなったし、背が伸びたし、雰囲気も男らしくなった…もう大晴ちゃんとか言えない…去年ずっとLOVEでクシャ笑顔ふりまいてた君はもういない…。コワレソウの身体さわるところの振りがね、けしからんくらいどえろかったです(笑)。セブンティーンになるのがたのしみな男の子。

 

・吉岡くん

前々から気になっていた吉岡くんが今年は大幅に出番を増やしてきました。赤名くんと並んでるとどこかスタイリッシュでちょっぴり東京Jr.感が生まれます(笑)。去年のグイグイカメラ以降声を聞いたことがないので今年なにか喋るチャンスあるかな~って楽しみにしてたんですが、声聞けず…。

 

・道枝くん

やる気が!すごい!シャカリキ度合が小さいころの山田くんみたいです。どんどんどんどん似てきます。あと顔がかわいい。陶器みたいなお肌。胸キュンコーナー、突然男出してきてびっくりしたよ。これからの成長が楽しみだな~。かわいいの割合が減ってきたとき、さらに化けそうでこわいです。

 

・ニシタクくん

初めてのザ少年倶楽部とは思えないほど先輩ちびじゅ達に混じって堂々と踊ってウインクまでかましてきたニシタクくん。靴下が派手でかわいいです。スポーツテスト学年1位。特技はサッカー。モテそうなにおいしかしません。ふうがくんと同い年にしては声が低くて落ち着いているところも良いなあと思っています。

 

来年の放送では、朝田くんは20歳になっています。丈くんがどこまで上がるか、Funky8がどうなるか、古謝くんは河合くんと何かジャニヲタなコーナーを作ってもらえるのか……また1年間、楽しみに待っていたいと思います。まずは毎月のスタジオ収録復活してくれー!!

もしも世界に愛しか無かったとしたら

欅坂46の2ndシングル、「世界には愛しかない」の全国握手会に行ってきました。

48、46グループのCDは単純に聴きたいからという理由で1種類だけ買います。楽曲にあんまり心を動かされなかった場合は買いません(笑)。もちろんメンバーを見ているうちになんとなく推しメンっぽい子が自分の中で確立してはくるものの、あんまり握手会には重点を置いていなくて、個握も全握もSKEのものに1度ずつ行ったことがある程度でした。なので、今まで買ったCDの初回盤についていた券はプレゼント応募に使うことが多かったです。当たったことはありませんが…(笑)。

今回全握に行ってみようかなと思った理由は、単純にその日が何も予定が無かったことと(笑)、大学卒業までに好きだと思っているもののいろんな場所に顔を出したいなあと思っていることが理由でした。欅ちゃんはいつかホールでライブをすることになったら必ず観に行きたいと思っているのでミニライブは行かず、お昼過ぎに家をでてゆっくりと幕張メッセに向かいました。

 

14時半過ぎの海浜幕張は風があるもののとにかく暑く、会場についたころには背中から、首から、たらたらと汗が流れていました。前に握手会に行ったのは2回とも冬で、寒さにこごえていた記憶があります。そして、SKEと比べて女の子が多い。とにかく多い。男性ファンは、比較的軽装だったりしてどの人がヲタクなのかそうじゃないのか、あんまり見分けがつきません。ジャニヲタは駅にいる時点でもう分かるけれど、男性ファンは会場について推しメンタオルを持っている所を見るまで、普通に大学を歩いているようなひとばかりなのです。

会場に入った後一度屋外に出させられると、男性が終わりの見えない列に並んでいるのが見えてきました。えっ、会場に入るまでにこんな並ばなきゃなんだ…?と思ったら、係員から「女性とお子さまは優先的に荷物チェックを受けられます」の声。SKEの時もそうだったんですが、握手会には女性専用の荷物チェックレーンがあります。ジャニーズの現場だと女子トイレが行列で男子トイレが女子トイレとして使われていたりもするくらいですが、女性アイドルの現場は逆です。行列に並ぶのが苦手なイメージのある男性が終わりの見えない列につべこべ言わず並んでいるのです。女性アイドルヲタの男性は知らず知らずのうちに忍耐力を身につけてるんだな…と思いました。しかも、何十分も外で待たされたあとようやく会場に入っても、握手するまでにはまたしても長蛇の列。長時間並んだのに、お目当てのメンバーと握手できるのはほんの一瞬。「応援してます」『ありがとう!また来てね』これくらいなもんです。楽しい時間は@優馬…じゃなくて、あっという間です。

 

握手を終えてから、会場を見渡してみるとブルーシートを敷いて生写真やポスターを広げた男性たちが何人も後ろの方で座っていました。よくわかっていないんですが、トレードとかをするのかな?と。ジャニヲタにもDVDの特典などのカードやら写真やらをトレードし合うことはあると思いますが、なんとこのトレード会場(?)、自作の推しメンの幟を立てているのです。フリーマーケットみたいな雰囲気。その辺りには特に行かなかったんですが、見ているだけで楽しかったです。自作の幟、私も作りたいなあ。「昼だ!夜だ!朝だ!」みたいな…「もう姐さんとは呼ばせない」みたいな…。

そしてもう一つ思ったことは、乃木坂との掛け持ちヲタクが多いんだなあということ。紫の服を着ている人が多いし、翌日9/4には同じ幕張メッセで乃木坂の全握があるために「明日いくちゃんいないからどうしようかな」「乃木坂の時はいつも○○ちゃんのレーンに行く」等の会話が聞こえました。Twitterでつながったヲタクと会うというのも行われているみたいだったし、「担当」じゃなくて「推し」、「茶の間」じゃなくて「在宅」など用語の違いはあるものの、文化はあんまり変わらないんだなあと思いました。

 

それにしても、約30人であれだけの人数を集めるってすごいなと思います。1年前まで普通の女の子たちだったから余計に。デビューして間もない頃から勢いがあると、今後下がっていくかもしれないことに不安を覚えたり、いわゆる「天狗になる」という状態になってしまうのだろうか…と思ったりもするんですが、欅ちゃんはまとめ役がとにかくしっかりしているのでその心配は無いかなあと。今の状況を当たり前だと思っていないメンバーが多そうな印象を受けるので、これからもひそかに見守っていきたい所存です。

 

クシャッと笑うと無くなる目、2本だけ奥に引っ込んだ前歯、細長い指

朝田淳弥くんのことは、あまり気にしたことがなかった。

今から1年前、私は安井くんを応援し始めてから6年近く経っていた。ガムシャラサマーステーションの者vs覇の公演を観に行って、最終公演になってしまった者が覇に想いを託して「俺たち覇者だろ?」と言い合う姿を見て、東京のジャニーズJr.達に目頭を熱くしていた。毎日Twitterでパフォーマンスバトルの結果を調べて、2014年の夏に司会をしつつも仲間を欲しそうにしていた安井くんがどうか、どうか勝ち進めますようにと願っていた、そんな夏を過ごしていた。

少クラはもう何年も見ていたけど、in大阪がある月は「東京の子が見られないなあ」とすら思っていた。録画はするけど、繰り返し見ることもあんまりなかった。でも、1年前の2週目の放送で私は突然1人の男の子に心を奪われてしまった。「BIG GAME」の最初、階段を下りた後に手をパチンと叩いてから踊り始めた朝田くんの、その一瞬の動作に心を奪われたのだった。

朝田くんのことは、名前と顔がなんとなく一致していて、Gangstarと呼ばれる人たちの中にいて、前は向井康二くんとshadowWESTにいて、オネエキャラで、ジャニーズWESTの1stツアーで横浜アリーナにいた子…くらいの印象だった。特に気にしたことはなかった。shadowWESTもGangstarもいつの間にか消滅していた。まいジャニは日曜朝のルーティーンとしてなんとなく見ていたけれど録画はしていなくて、寝坊して見逃してもいいやくらいの気持ちで見ていた。関西ジャニーズJr.のこともあまり知らなくて、春と夏とクリスマスシーズンには大阪松竹座で公演をしていること、関西から巣立っていった先輩たちもそうして過ごしてきたこと、全部、朝田くんを気にし始めてから知ったことだった。

 

今年のin大阪が放送されるまでの1年間、去年のin大阪を何十回も繰り返し繰り返し見た。しつこいくらいに見た。朝田くんを好きになってまいジャニも真剣に見るようになって、関西ジャニーズJr.の名前をあっという間に覚えていった。小さい子も、高校生も、みんな個性的で前に出たいと思っている子が多くて、見ていてとても気持ちが良い。まいジャニを見ることが楽しくて、土曜の夜にやっている日テレのジャニーズJr.の番組は録画して早く寝て、まいジャニが始まる前に朝ごはんなどを全て済ませるようになった。大学のテスト期間も、朝田くんも頑張ってるし…と思うようになったし、元々好んではいていたデニムをよくはくようになった。エスティローダーのリップケースにfunky2と彫ったりもした。ジャニーズWESTのツアーで地元に来てくれた朝田くんを、その会場に就活で行くたびに思い出した。このときにはもうすでにin大阪ってなんで年に1回しかないのかな、てか少クラのスタジオ収録って元は関西ジャニーズJr.のコーナーだったような気がするんだけど…と思うようになっていた。

8月31日。夜8時。そわそわして、緊張でお腹痛い…と思っているうちに2016年の少クラin大阪1週目の放送は終わっていた。ちっちゃいと思っていた子が背が伸びていたり、声が低くなっていたりした。去年は顔と名前が全然分からなかったのに、今年は出演している関西ジャニーズJr.の顔と名前が全員一致している自分がいた。どうして年に1回なんだろう、せめて夏冬の年2回とかにしようよ、と本気で思った。1曲目のGUTS!で奥に引っ込んだ前歯を見せてクシャッと笑う朝田くんを見て、このひとが昇っていく過程を見たいと思った。仲間と夢を叶える瞬間を見たいと思った。夜9時、1時間の放送を見終えた私はくたくたになっていて、一人暮らしとは思えないほどテレビに向かって話しかけてしまった…と反省しつつ、関西ジャニーズJr.の未来が明るくなることを祈ったのだった。

 

来週で、2016年のin大阪の放送は終わってしまう。かなしい。今週もめっちゃくちゃ楽しかったのに、来週のほうがさらに内容が濃い気がしていて、今からビビっている。来週の放送を終えた時、去年の私のようになるひとが増えたら良いなと思う。

明日の今頃は

もう終わってるんだよね。in大阪。

 

去年の今頃なにしてたっけ?と思って去年の手帳開いたら朝から夕方まで講座頑張ってた。あと、ガムシャラの特番が朝に放送されたり、講座終わりに乃木坂46神宮球場でのライブ行ったりしてた。

 

明日はin大阪の前に大事な予定がある。その帰りにちょっと買い物もしたいなとか思ってたりする。in大阪の前にごはんもお風呂もゴミ出しも済ませる予定。夕ご飯はカレーにする。淳弥くんの好物がカレーだから。あと、使いかけのルーが半分残ってるし可燃ごみ収集の前日だから…。

 

今日は真鳥くんのお誕生日だった。他にもいるけど。とりあえず、真鳥くん26歳のお誕生日おめでとう。これからもみんなのお兄さんでいてね。また新潟に来てくださいね。